日蓮正宗問題研究:関連紹介

書籍紹介


■ 法主詐称

書籍名法主詐称 富士大石寺六十七世阿部日顕の正体を暴く
著者名憂宗護法同盟 著
出版社名エバラオフィス
出版年月2003年07月
ページ数・版型246P 19cm
ISBNコード4-434-03319-0
価格1,000円(税込)
目次
  • プロローグ「相承箱」
  • 第1章 日顕相承の真実
  • 第2章 疑惑の「相承の日」
  • 第3章 河辺メモの“告発”
  • 第4章 山崎正友との結託
  • 第5章 日顕相承の“軽さ”
  • 第6章 法主絶対論の大嘘
  • 第7章 血脈相承の本義
内容

ニセ法主の正体に鋭く迫る。
「大石寺には相承箱がない!」
証拠も証人も、何一つ、誰一人いない日顕の血脈相承。
「昭和53年4月15日」に相承を受けたのではない。
先師の通夜の席上、ウソと謀略で「富士大石寺67世」の座を盗み取った阿部信雄――。

=> 「法主詐称」の詳細をAmazon.co.jpにて見る。

前へ <<    >> 次へ