改革通信

NO.25(2005.11.19)

盗座日顕、遂に逃座!〃 負け犬・日顕の哀れな末路(4)
山崎が自らの証言を覆すまでの、不可解な九年間の空白 


日達法主が亡くなる直前に本山に来るように指示した僧侶の中に「阿部 師の名前は出ておりませんでした」と証言していた山崎が、日顕に擦り 寄って全く正反対の証言を始めた。

『慧妙』(平成十五年九月一日付)
「そして、大宣寺さんやお仲居さん(※現在の妙縁寺・光久御住職)に、 翌日・二十二日は御山にいるよう、仰せられました。 私はその夜、猊下の御健康上の重大な事柄ですから、いちおう総監さん (※現・阿部日顕上人)には転院する経過をきちんと報告しておこう、 と思って、お電話したんです。その時に、総監さんは『そうですか。ど うもご苦労様です。私も明日、猊下から御山へ来るように言われていま す』と、おっしゃっていました」

山崎は平成六年十二月に本山・理境坊の壇徒となった。そして、翌七年 二月十六日付け『慧妙』に「私が御相承≠拝信するに至るまで」と いう勿体ぶった題名の文章を寄せている。

ここで不可解なことは、〃日顕も本山に呼ばれていた〃という重要な証 言が、『慧妙』に載ったのが、平成十五年であるということである。 最初の山崎の文章が掲載されてから、実に九年あまりの空白があるのだ。

山崎は平成三年二月二十五日に収監され、平成五年四月二十七日に仮出 獄するが、その翌月から日顕に「密書」を送っている。問題はその内容 である。この「密書」の中で山崎は自分が週刊誌に書いた記事について 以下のように、日顕に脅しをかけているのだ。

「書いた内容は、調査で判明した亊実の四割にすぎません。のこりは、 反論や、名誉毀損の訴えがあったときにそなえ、手の内にとっておいた のです」「私の書いた手記は、簡単に、抽象的な否定行為で消せるよう な内容のものではありません。仮に私がそれをすれば、正信会サイドか ら、私の裏切りに対する非難だけでなく、残りの六割の資料によるきび しい反論が行われるでしょう。内藤国夫や文春は、その際、正信会サイ ドの肩を持ち、宗門と学会の紛争は脇に追いやられ、御相承問題がむし かえされて、学会を利するだけの結果を招きかねません」

間違いなく、山崎は昔の屈辱を忘れていない。だから、自分が優位に立 つために、日顕に脅しをかけ、九年間にわたって、日顕を揺さぶり続け たのであろう。「修羅と悪竜と合戦ひまなし」である以上、今後も一方 が倒れるまで続く。 (続く)



前へ<<     >>次へ