改革通信

NO.28(2005.11.21)

盗座日顕、遂に逃座!〃 負け犬・日顕の哀れな末路(7)
相承箱問題に正信会問題。 すべての問題が一気に噴出か!


日顕が退座した途端に、今まで緊張状態にあった問題が一気に表面化す る可能性がある。

まずは、「相承箱」問題である。
日顕が退座した途端に、あるグループが〃実は相承箱はこちらにありま す。我々が日達法主の正統な流れを汲む者であり、日蓮正宗の正式な血 脈を継ぐ者である〃と言い出したら、どうなるであろうか。

さらに、そこに「正信会」が絡んで来たら、問題は一層、激しくなるで あろう。簡単に言えば、日達法主の弟子たちが一致団結して、日顕一派 と跡目を争うことになる。

相承箱を隠し持っているといわれている大宣寺一派には、日達法主の長 男である細井珪道(常在寺)がいるが、次期法主と言われている早瀬日 如は大願寺時代から、この細井珪道を目の敵にしていた。大きく括れば、 日達法主の弟子一門と阿部家・早瀬家の争いになる。

かつて、山崎は浜中和道を通して、正信会と宗門を和解させようとした ことがある。昭和六十年十月のことだ。
「新宿の喫茶店で、山崎氏は原田師と私に、阿部師の学会・池田氏への 不満や正信会への期待を話した」(『浜中和道回想録』)
しかし、この山崎の申し入れを正信会は拒否している。

次に山崎は平成五年五月から日顕に宛てた「密書」の中で、繰り返し、 正信会を復帰させるように提案している。
「まず、正信会、宗門双方、現時点において訴訟をとり下げることです。 正信会側は、復帰をのぞむ者は受け入れ、そうでない者は、寺ごと単一 独立を認めてやることです。或いは、一率に単一独立を認め、その上で、 個々に復帰希望者と話合うのもよいでしょう」

山崎がここまで正信会の復帰に熱心な理由は何か? 答えは一つしかな い。日達門下を使って、阿部一派を押さえ込み、宗内における自分の地 位を不動にするためである。すべてが計算されている行動なのだ。

日顕はすべての問題を次期法主に押し付けて、隠遁生活に逃げ込むつも りでいる。世田谷か松涛の豪邸に住み、大学科で教えるというのが日顕 の計画だ。しかし、最悪のシナリオは見えている。宗門は自界叛逆し、 「実果の成ぜん時いかがなげ(歎)かはしからんずらん」結果、日顕の 除歴、大学科封鎖は不可避となるのである。(続く)



前へ<<     >>次へ