改革通信

NO.29(2005.11.21)

盗座日顕、遂に逃座!〃 負け犬・日顕の哀れな末路(8)
大学科は封鎖、派閥争いの激化 ー ポスト日顕のシナリオ


次期法主が誰であろうと、日顕が退座した途端、緊張した糸が切れたよ うに、宗内の鬱憤が一気に噴き出すに違いない。最初に槍玉にあがるの が、「大学科」であろう。

以前に述べた通り、正式な大学ではない宗門の大学科を卒業しても、一 般社会では「大卒」としては認められない。ということは、もし、大学 院等に進みたければ、大学科で四年間過ごした後にもう一度、正式な大 学に入り直さなければならないことになる。実際に、長倉財務部長の息 子や何人かの所化は、別な大学に入り直している。

日顕が自分の名前を残すためだけに造った大学科など、宗内の誰一人と して存在価値を認めていない。この大学科を存続させるために、宗門は 無理にでも毎年、得度者を募らなければならないのだ。その結果、入る 寺がない無任所教師が毎年、増え続けている。

常識ある法主であれば、以下のような真っ当な判断を下すに違いない。
〃まず大学科を封鎖し、学生は正式な大学に入学させる。その上で必要 であれば、大学科を教師資格取得者用に再度、開設し、そこで宗門教学 を教える。さらに希望者は正式な大学院にも進学させる〃

援助寺院が増える一方で、無任所教師が増え続け、宗門を経済的に圧迫 させている。こんな無計画な宗派は他にない。そのツケはすべて次期法 主がかぶるのだ。

日顕が退座した後の宗門は自界叛逆していく可能性が大きい。日顕の父 親の、日開の時代に逆戻りして、法主の座をめぐって派閥争いが始まる のだ。広宣流布と無関係な政治の世界の始まりである。

日顕が信徒支配の陰謀「C作戦」により、池田名誉会長を信徒除名にし、 創価学会を破門にしてから今日まで、宗門は衰退の一途をたどっている。 信徒は激減し、他門からも相手にされない弱小教団に成り果てた。戦前 の宗門に逆戻りである。それはまさに「悪人を愛敬し善人を治罰し」広 宣流布の道を阻んだ報いを受ける、自業自得果の姿でもある。

いずれにしろ、落ちるところまで落ちた宗門を再建するには、まず、日 顕時代の総括をしなければならない。そして、それは正本堂の破壊から 始まり、三宝義まで破壊した〃破壊王・日顕〃を歴代法主から除籍する ことから始まるのだ。

滅亡か、再建か。「C作戦」に与同した宗門僧侶は覚悟を決める時が来 ている。(終わり)



前へ<<     >>次へ