日蓮正宗問題研究

はじめに

今回の日蓮正宗と創価学会の問題において、最も許しがたいものは、日蓮正宗の阿部日顕法主が創価学会を切り捨てるカット作戦、通称『C作戦』を立案し、謀略と二枚舌を使って、学会を恫喝し、従わぬと見るや、いとも簡単に「破門」にしたことであります。僧侶が自門の信徒を謀略によって貶め、切り捨てる宗教など、どこの世界にありましょうか。私どもが、自らの僧侶生命をも賭け改革に立ち上がった最大の理由は、まずこの一点に存するのであり、僧侶の本義に外れた日顕法主の愚行に断固抗議するため、私どもの寺院は、法律上の宗派離脱という手続きを踏み、宗教法人「日蓮正宗」との包括関係を破棄し、同法主の退座を求める運動を推進している次第であります。

以上の経緯により、主に住職教師の集まりである『日蓮正宗改革同盟』を平成4年2月2日に、また宗内若手僧侶から構成される『青年僧侶改革同盟』を同年3月30日に結成、本格的な宗門改革に着手し、今日に至っております。また、両同盟の他にも『憂宗護法同盟』の諸師や、或いはいずれのグループにも属さぬ方も含めて、宗門改革に立ち上がっている住職・僧侶の数は、総勢42名に上ります。また、今なお、宗内に残り、志を同じくする僧侶も相当数存在し、ともに連携を取り合いながら、改革を目指し戦っております。

さて、創刊号である今号は、私どもの改革への直接の動機ともなりました「C作戦」を取り上げ、〈法主の謀略〓『C作戦』〉と題して、特集を組みました。合わせて、私どもが離脱に際し、率直な心情を綴った『諫暁の書』『離山の書』を、参考資料として同封しましたので、何卒御一読の程を切にお願い申し上げます。

宗門改革に立ち上がっている僧侶一覧

平成5年6月1日現在
○ は青年僧侶改革同盟、◇ は日蓮正宗改革同盟
No氏名寺院名離脱年月日
1◇ 工藤玄英立川・長栄寺住職平成4年2月2日
2◇ 大橋正淳和歌山・大照寺住職
3◇ 串岡雄敏愛知・能顕寺住職
4◇ 吉川幸道京都・顕仏寺住職
5◇ 池田託道滋賀・世雄寺住職
6◇ 宮川雄法立川・長栄寺執事
7◇ 成田雄具夕張・興隆寺住職平成4年2月8日
8◇ 岡崎雄毅秋田・妙貴寺住職平成4年2月15日
9◇ 山本辰道岩手・常説寺住職平成4年3月16日
10◇ 石川雄山広島・円徳寺住職平成4年4月27日
11◇ 立原貞道佐賀・大恩寺住職平成4年4月30日
12□ 椎名法昭埼玉・妙慧寺住職平成4年6月16日
13□ 小板橋明英京都・能栄寺住職平成4年6月28日
14□ 中島法信愛知・妙道寺住職平成4年7月15日
15◇ 弘川雄登山口・大栄寺住職平成4年9月24日
17◇ 渡辺慈済神奈川・大経寺住職平成4年10月18日
18□ 細井琢道足立・実修寺住職平成4年11月2日
19◇ 成田樹道愛知・法布院住職平成4年11月9日
20□ 西田誠道青森・法典院住職平成4年11月10日
21□ 浜口寛正青森・東漸寺住職
22◇ 成田宣道栃木・浄圓寺住職平成4年11月12日
23□ 椎名法宣福島・壽海寺住職平成4年12月9日
24□ 能勢宝道滋賀・法乗寺住職平成5年1月7日
25□ 大塚順妙岩手・東光寺住職平成5年1月9日
26□ 関口周道徳島・法成院住職平成5年1月18日
27□ 渡辺道粛福島・開蓮寺住職平成5年3月28日
28○ 菅原雄政元、横浜・応顕寺在勤平成4年3月30日
29○ 土井雄育元、総本山・大坊在勤
30○ 橋本雄正元、総本山・大坊在勤
31○ 岡崎雄直元、秋田・妙貴寺在勤
32○ 松岡雄茂元、江戸川・大護寺在勤
33○ 渡辺雄悦元、国分寺・大宣寺在勤
34○ 大塚法樹元、京都・平安寺在勤
35○ 大塚雄能元、山形・法樹院在勤
36○ 植松雄増元、大阪・安住寺在勤
37○ 山口雄在元、大阪・平等寺在勤
38○ 渡辺雄範元、新宿・大願寺在勤平成4年5月18日
39○ 押田雄勤元、岐阜・経説寺在勤平成4年6月1日
40○ 石井信広元、総本山・大坊在勤平成4年9月14日
41◇ 小倉雄存元、札幌・日正寺在勤平成4年9月25日
42○ 成田雄伴元、小平・広説寺在勤平成4年10月20日
43◇ 大橋法恵元、総本山・大坊在勤平成4年3月16日