TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 114号 平成23年10月23日
発行:日蓮正宗改革同盟
 
僧侶のマニュアルにあるのは、数珠と墓石の開眼だけ
御本尊を数珠・墓石と同等に扱い、軽んじている宗門
 
●南無妙法蓮華経と唱えるだけの「数珠の開眼」
 
 今回の宗門事件が起こるまで、「開眼」と言えば、宗内では「数珠の開眼」
か「墓石の開眼」のことだった。御本尊の開眼など口にする者はいなかった。
事実、僧侶のマニュアルである『教師必携』には、「開眼」に関しては、「数
珠の開眼」しか記載されていなかった。
 
 その作法として
「御開眼は読経唱題中に導師が数珠を両手にかけ、南無妙法蓮華経と祈念する」
とある。
 
 特別な祈念などない。これなら、誰でも出来る。〃僧侶にしかできない〃とい
うのであれば、僧俗差別を作りだすための詭弁でしかない。
 
 この「数珠の開眼」でも分かる通り、「御本尊」と「唱題」によって数珠が開
眼されるのである。常に御本尊は開眼する側にあり、開眼されるものではない。
 
●『教師必携』の改訂版に「墓石の開眼」が加筆
 
 宗門では、墓石の開眼も行っていたが、古い『教師必携』には、墓石の開眼
については何も触れられていなかった。
ところが、なぜか、平成十四年版には墓石の開眼が加筆されている。おそらく、
末寺によって作法がバラバラであったから、統一したのであろう。
 
 結局、彼らは自分たちの特権を誇示するために「開眼」という言葉を利用し
ているが、マニュアルである『教師必携』にあるのは数珠と墓石の開眼であり、
確たる化儀などない。
 
●一部の御本尊を御宝前にお供えしていた日顕。お供えしていない御本尊との
  違いは何か?
 
 宗門では、一般の御形木本尊は、何の儀式もなく、そのまま末寺に配送され
ていたが、板御本尊と常住御本尊だけは、日顕が導師をしている時に、御宝前
にお供えしていた。
 
 もし、この「お供え」が「開眼」というのなら、これこそ、誰でもできるこ
とである。また、お供えした御本尊とお供えをしていない御本尊との違いは何
か?
  
 彼らは、日蓮大聖人が「一切経の眼目」と仰せの御本尊を差別して扱っている
だけだが、お供えしない本尊でも宗門では通用するのだから、ただの形式に過
ぎないということだ。
 
●化儀を悪用して、僧俗差別を作りだす宗門
 
 化儀とは、仏が衆生を教化するための方法のことである。儀式もその一つで
あるが、今の葬儀・法要などは、江戸時代の檀家制度によって生まれたもので
ある。その実態は、供養搾取の手段となっている。
 
 彼らが突然、言い始めた「本尊の開眼」は、数珠や墓石の「開眼」と同じで、
僧侶の特権を作りだすための儀式となっている。そして、彼らにとって「儀式」
とは信徒支配の道具なのである。
 
 大聖人の仏法における化儀の根本は〃御本尊を拝す〃ことである。
 
 日蓮大聖人云く
「此の御本尊全く余所に求むる事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無
妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり」と。
胸中の御本尊を「明鏡」たる御本尊に映し出して拝す。そこに、誰かが介在す
る必要などない。(続く)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/