TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 115号 平成23年10月25日
発行:日蓮正宗改革同盟
 
本山よりも財力のあった東京の末寺が御本尊を印刷
大石寺が本山らしくなったのは創価学会のおかげ
 
●東京の末寺の方が財力があり、影響力もあったので御本尊を印刷
 
 創価学会が誕生する前は、大石寺は財政的に窮乏していた。ところが、東京の
寺院はある程度の檀家がいて、収入が安定していた。
東京の末寺は財力があったから、御本尊を印刷できたのである。
 
 だから、多くの住職は、田舎の本山に赴任するよりも、東京の末寺の住職にな
ることが夢であった。
財力があったということは宗内に対する影響力も強く、本山は東京の末寺がす
ることに対して、いちいち口をだすことはなかった。
 
 そして、品川の妙光寺は五十五世日布法主、豊島区の法道院は五十六世日応法
主、同じく豊島区の常在寺は五十七世日正法主と、それぞれ有縁の法主の御形
木本尊を印刷して、信徒に授与していた。
 
当時の様子を「さながら群雄割拠の感があった」とある老僧が語っていた。
 
●末寺得度から本山得度へ
 
 昔は、本尊のことだけでなく、宗内の様々なことが末寺中心であった。葬儀の
やり方など様々な化儀はその寺の住職によって異なり、後年、化儀を統一する
ために『教師必携』が作られた。
 
 その背景にあったのは、末寺での得度制度であった。今、本山で行われている
年分得度制度(十二歳からの得度)が出来たのは、日達法主の時代で、それ以
前は末寺の住職のもとで出家する末寺得度であった。
 
 ここから、自然に有力寺院を中心とした派閥が出来上がり、多くの弟子を持つ
東京の寺院は影響力を持つようになったのである。
 
 ところが創価学会が誕生し、信徒の急激な増加により、僧侶を増やす必要が出
てきた。そこで、日達法主の時代より、本山で一括して得度する年分得度制度
が出来上がった。
 
 この年分得度制度により、僧侶はすべて当代の法主の弟子となり、末寺の派閥
が解消されていったのだ。
 
●本山の窮乏を救うために始まった登山会
 
 戦後、財政的に窮乏していた本山は、その打開策として、富士宮市や観光協
会と話し合い、本山の観光地化を進めていた。

 そのことを知った戸田会長は、大石寺が他宗のように宗教を売り物にする観
光地となることを恐れて月例登山を提案した。
 
 そして、昭和二十七年から創価学会の月例登山が始まり、その御供養で本山は
運営が賄えるようになった。
 
 今、宗門は〃登山をしないと成仏しない〃などと言っているが、かつては登
山会などなく、御開扉を受けることが出来たのは、一部の僧侶でしかなかった。
 
●創価学会の誕生により、本山らしくなってきた大石寺
 
 このように、創価学会が始めた登山会の供養などで本山は財政的に豊かになり、
また、本山での得度制度が確立して本山在勤の僧侶も増え、ようやく大石寺は
本山らしくなってきたのである。
 
 明治三十七年の政府調査によると、身延派の寺院数は、三六八五。住職数は二
九八二。信徒数は約百八万人。これに対して、大石寺の寺院数は、八十七。住
職数は四十七。無住の寺が半分ちかくあったことになる。そして信徒数は、約
二万八千四百人。日蓮正宗がいかに弱小教団であったか明白だ。創価学会がな
ければ、宗門の存続は難しかったのである。(続く)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/