TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 116号 平成23年10月27日
発行:日蓮正宗改革同盟

「法華弘通のはたじるし」を信徒支配に悪用する
日蓮正宗こそ、大謗法である

●折伏どころか、勤行さえできない墓檀家たち

 日蓮大聖人云く
「爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等・天台妙楽等だにも顕し給
はざる大曼荼羅を・末法二百余年の比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕
し奉るなり」(御書 一二四三頁)

 日蓮大聖人は末法の民衆の救済のために、大難を忍ばれて御本尊を顕された。
すなわち、「広宣流布のための御本尊」なのである。

 しかし、創価学会が誕生する以前の宗門では、古くからの檀家がいたが、そ
のほとんどは折伏どころか、勤行さえしていなかった。

 例えば、昭和六十年当時、讃岐の本門寺の法華講の講頭も家は昔からの檀家
だが、やはり勤行ができなかった。

 すなわち、創価学会が誕生する前の日蓮正宗というのは、他宗のように、僧
侶だけが経を読んでいたのだ。

●折伏ではなく、供養の多い者に御本尊を下付していた宗門

 もちろん、折伏などしていなかったから、信徒数は少なく、あらたに御本尊
を受ける者もいなかった。

 それでも、代々の法主は御本尊を書写していたが、それは新入信者のためで
はなく、供養が多い者に下付するための本尊であった。

 大石寺の周辺、讃岐、仙台などの古い檀家、いわゆる墓檀家は複数の御本尊
を受持している者が多い。話を聞くと、様々な法要の折に多額の供養をして、
その〃褒美〃として、御本尊を下付されたというのだ。

●御本尊を誤写して謝罪した日顕の父・日開

 宗門の代々の法主の中には、〃広宣流布のため〃という崇高な日蓮大聖人の御
精神を忘れ、多額の供養と引き換えに御本尊を〃漫然〃と書写している者もい
た。

その代表が日顕の父・六十世日開である。日開は、昭和三年の登座直後、供養
した信徒に本尊を書写して下付したが、その際に「仏滅度後二千二百三十余年」
と書くべき讃文を、「仏滅度後二千二百二十余年」と誤写してしまった。

 この日開の〃御本尊誤写事件〃は、当然、宗内で問題とされ、日開は
「タダ漫然之ヲ認タメ何トモ恐懼に堪ヘヌ」(「声明書」〈御本尊問題の顛末〉)
と、「漫然」と書写して間違ったと謝罪している。

●日顕も御本尊を誤写

 かつて改革同盟のある住職が、信徒の家の常住御本尊を拝したら、御本尊の
讃文の「仏滅度後二千二百三十余年之間、一閻浮提之内」とまではあるが、肝
心の「未曾有之大曼荼羅也」が認められてなかった。

 その住職が、日顕にこのことを報告し、どうすべきかと聞いたら、日顕は、
「本人は気付いているのか。気付いていないならそのまま知らん顔しとけ」
と言っただけだった。

 今の宗門にとって、御本尊は広宣流布のためでなく、信徒に賞罰を与えるもの
なのである。

 すなわち、彼らの本音は〃供養をすれば御本尊を下付してやる〃、〃言うこと
を聞かなければ、御本尊を下付しない〃ということだ。
 
 このような宗門の実態からわかるように、日蓮大聖人が「法華弘通のはたじ
るし」として顕わされた御本尊を、大聖人の御精神のままに弘通してきたのは、
創価学会だけなのである。(終わり)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/