TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 117号  平成23年11月1日
 
御開扉はもともと「内拝」で非公式なもの
日亨上人は「常例となったのは、もったいない事」と
 
●広宣流布の時まで「秘蔵」とされて来た大御本尊
 
 今、宗門は「大御本尊にお目通りしないと成仏できない」などと言っている
が、宗門の歴史に照らして、これは大間違いである。
 
 五十九世の日亨上人は『富士日興上人詳伝』に以下のように書かれている。
 
「開山上人は、これを弘安二年に密付せられて、正しき広布の時まで苦心して
秘蔵せられたのであるが、上代にはこのことが自他に喧伝せられなかったが、
いずれの時代(中古か)からか、遠き広布を待ちかねて特縁により強信により
内拝のやむなきにいたり、ついには今日のごとき常例となったのは、もったい
ない事であるから、四十余年前には、有名な某居士が懇願して月一回という事
にもなった事があったが、永続しなかった。」
 
 すなわち、大御本尊は広宣流布の時まで「秘蔵」されるべきものであったが、
特別な縁故の者や信心の篤い者に「内拝」ということで、非公式に参拝させる
ようになった。そして今では特例である「内拝」が常例になっていることは「
もったいない事である」と言われているのだ。
 
●「内拝」は非公式だから、樒を飾らない
 
 「内拝」とは秘蔵されている大御本尊を特例として内々に拝するという意味
である。
 大御本尊は「秘蔵」されている状態なので、あえて水も供えないし、樒も飾
らないのである。
 
●本来は「遙拝(ようはい)」されるべき大御本尊
 
 かつて丑寅勤行は、客殿での五座の勤行が終わった後に、導師を務めていた
法主と供の僧侶が「遙拝所」に移動する。そこには樒が飾られている。
 
 そして、その「遙拝所」で方便・自我偈の読経をする。すなわち、遥か遠く
にある大御本尊を拝するので、これを「遙拝」というのである。
 これが、大石寺に伝わる大御本尊の拝し方である。
 
●「遙拝」「内拝」であるから、直接に大御本尊を拝さなくても成仏できる
 
 宗門は自分たちの権威を守るために、常に真実の歴史を隠して信徒の目を欺
こうとする。実に卑怯な姿である。
 
 宗門の御開扉は今でも「内拝」であり、非公式な参拝である。非公式である
から、成仏のために必須ではない。また「遥拝」ならば、たとえ自宅からでも
拝することができる。
 
 ところが、宗門はそれをいかにも正式なものとして誤魔化して、「御開扉を
受けないと成仏できない」などと信徒を脅している。
 
●数合わせの「付御開扉願い」にどんな意味があるのか
 
 「付け願い」とは、本人は登山しないで御開扉料だけ他の人に託して登山し
たことにする制度である。本来は病人など特殊な事情がある者に限られていた。
しかし、今の宗門ではこの「付け願い」が登山の数合わせに悪用されている。
 
 本来の意味から言えば、登山できない者は「遥拝」でも構わないはずだ。「
恋慕の信心」こそが大事であるはずなのに、登山のノルマを達成するために「
付け願い」で数を合わせることに一体、何の意味があるのか? これではまる
で商売である。(続く)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/