TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 120号  平成23年11月7日
 
大石寺の観光地化を阻止するために始まった登山会(3)
創価学会の登山会は信心を学ぶ「研修会」

●本山を救ったのは法華講ではなく、創価学会

 二回にわたって、どのような経緯をたどって登山会が始まったのか、渡辺慈
済住職の証言と日達法主の話を紹介した。

 その証言等でわかった通り、今、宗門が行っている登山会は、経済的に窮乏
していた大石寺を創価学会が援助するために始まったものである。

 しかも、その当時、法華講は本山への供養を拒否したのだ。それを見かねて、
戸田会長が月例登山を提案した。

 創価学会の登山会により、大石寺の観光地化を阻止することもできた。すな
わち、戸田会長の英断により、謗法厳戒の信心を守ることもできたのだ。

 この歴史から分かるように、登山は信徒の善意で始まったものであり、「登
山をしないと成仏しない」などという脅し文句は、まったく筋の通らないもの
である。

●創価学会の登山会はあくまでも信心の研修会

 昔から登山会は「阿仏房の精神を学ぶもの」と言われてきた。阿仏房が、大
聖人様をひたすらお慕い申し上げ、純真な信心をもって、指導を求める、その
精神を学ぶということである。そういう意味では、登山会は信心の姿勢を学ぶ
研修会であった。

 かつての登山会では、必ず、「指導会」があり、体験発表なども行われた。
信心の指導会があったからこそ、その登山会を信心の原点にして励んでいこう
と、決意できたのである。

●身延に詣でないのと同じように、謗法の大石寺にはいかないのが正しい信心

 宗門は「阿仏房」のように登山するのが、正しい信心だと言う。その理屈で
言うならば、阿仏房を真似て「身延」に行くことにも意義があることになるで
はないか。しかし、宗門では、身延は謗法の寺だから参詣しないと言う。

 今、創価学会が大石寺に行かないのも同じ理由である。日顕らは信徒の供養
で放蕩を繰り返し、「C作戦」という謀略で創価学会の破壊を企み、そしてと
うとう、一方的に創価学会を破門にした。その暴挙は「五逆罪」のひとつであ
る「破和合」の大罪である。

 大罪を犯した大石寺に行き、供養することは「謗法与同」である。だから、
たとえ大聖が住まわれていた身延であっても詣でないように、敢えて大石寺に
行かないことが正しい信心の姿である。

●登山しなくても「遥拝」すれば、意義は同じはず

 以前にも説明した通り、もともと、大御本尊は広宣流布の時まで「秘蔵」さ
れるとして、特別に「内拝」するのが、御開扉である。大御本尊は「秘蔵」さ
れているので、水も供えないし、樒も飾らない。

 「内拝」はあくまでも非公式なものであり、特例である。だから、通常は
「遥拝」となり、大御本尊は遠くから拝するものである。

 ところが、宗門は「御開扉を受けないと成仏できない」などと、大御本尊を、
信徒を脅すための手段にしている。これこそ、宗祖の御精神に背く大謗法であ
る。
 
 創価学会の大折伏により、いまや、世界中、日本の反対側にももちろん会員
がいる。「日本に来ないと成仏できない」などという信仰では、かえって大聖
人の御心に反するであろう。「心こそ大切」であり、距離や場所ではないはず
だ。(終わり)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/