TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/
新改革通信 124号  平成23年11月15日

葬儀編(1) 
僧侶が葬儀を禁じられていた時代もある
即身成仏の法門から言えば、故人は葬儀の前に成仏

●「穢(けが)れ」である葬儀を嫌っていた古代の僧侶
 
 鎌倉時代以前、古代仏教では、「葬儀」は「穢れ」とされており、僧は葬儀
に関わってはならないとされていた。

 その当時の僧は「官僧」と呼ばれ、天皇に奉仕し、鎮護国家が主な役割であ
った。

 その故に、官僧たちは「穢れ」である葬儀に関わらなかったのである。しか
も、もし、葬儀に関わった場合は、法会の出仕を三十日間、禁止されたのだ。

●葬儀に従事して信徒を獲得した真言律宗

 このような時代背景の中で、叡尊(一二〇一〜一二九〇)を中心とした律僧
の教団は、積極的に葬送に関わり、真言を唱えて成仏を保証し、多くの信徒を
獲得した。十四世紀頃には十万人を越えていたとされる。

 ただ、当初は律僧が直接、葬送に関わったわけではない。律僧教団は「斎戒
衆」という組織を作り、彼らに葬送を担当させていた。

 この「斎戒衆」というのは、在家でありながら戒を受けた者で、在家と出家
の中間に位置する存在であった。

 この「斎戒衆」が官僧の代わりに、穢れとして忌避されていた葬送にかかわ
ったのである。

●葬送に従事し始めた念仏僧や禅僧たち

 いわゆる鎌倉新仏教運動の中で積極的に葬送に従事したのが、念仏僧と禅僧
であった。

 法然は「極楽往生」を説き、念仏僧たちは「往生人に死穢なし」と念仏をす
すめて、葬送に従事した。

 また、禅宗は中国の禅宗の規範が書かれている『禅苑清規』を日本に伝えた
が、その中に僧侶の葬儀規定がある。そこには、沐浴後の悌頭、死者を桶の中
に座らせ、棺に入れること、念誦、誦戒、三日後の火葬などが定められている。
禅宗はそれを在家者に転用し、葬送儀礼を作りあげた。

 このように、律、念仏、禅宗が組織的に葬送に取り組んで信者を獲得してい
き、室町時代に仏式の葬儀が増えていった。

 それが、やがて「檀家制度」により、葬送儀礼が供養収奪の手段として固定
化されたのである。
 
●「一生成仏」「即身成仏」の法門から言えば、故人は亡くなるまえに成仏し
ている。

 そもそも、葬送儀礼で成仏が決まるという主張そのものが大聖人の教えに反
している。

 日蓮大聖人は、「いきてをはしき時は生の仏、今は死の仏、生死ともに仏な
り。即身成仏と申す大事の法門これなり」(「上野殿後家尼御返事」) と仰
せである。

 成仏とは、臨終や死後のことを指すのではなく、現世だけでなく来世におい
ても崩れることのない絶対的な幸福境界を築くことである。かつては、日蓮正
宗でもそのように教えていたはずである。

 創価学会員の葬儀に行けば、誰でも分かることであるが、葬儀が行われる前
に、故人は安らかな相で即身成仏の姿を現じている。

 日寛上人の「臨終用心抄」によれば、大切なことは臨終の前の心構えであり、
臨終の直後に唱題を聞かせることである。

 そういう意味では、最後まで激励してくれる同志がいること、亡くなった後
に追善の題目を唱えてくれる同志がいることは、本当に素晴らしいことである。
 
 葬儀の意味をあらためて考えると、遺族の故人に対する思いを形に顕わすた
めのものであり、知人・友人が故人を追悼する場であろう。創価学会の友人葬
の意義もそこにあると言える。(続く)
TOP/ 特集一覧へ/ 「新改革通信」目次/